チャイルドシート グレコ

グレコ

グレコ

1942年に金属製品の会社としてスタート。
車部品の設計・製造で培ったノウハウと「育児をもっと楽に」をモットーに、数々のヒット商品を手がけてきたグレコ。

 

日本でも2012年に日本発の大型商品を発売し本格始動。

 

ベビーカーでもとっても素敵な商品をたくさん販売しているし、チャイルドシートでも安全・安心なブランドです♪

グレコの公式サイト

 

チャイルドシート 型番・使用対象・サイズ・重量
ジュニアプラスメトロポリタン

ジュニアプラスメトロポリタン

3歳頃から11歳頃まで
体重15kgから36kgまで


(ハイバック)W400xD400xH690~820(mm)
(ブースター)W400xD400xH220(mm)
重量:3.6kg(座部のみ2.5kg)
ヨーロッパ基準適合(UN R44/04)


ヘッドサポートが6段階でしょ、アームレストが2段階に調節可能だからお子さまが成長してもずっと使えます!
ウォッシャブルで清潔ですし、便利な収納式カップホルダーも付いているなどとっても便利なのも◎。

ジュニアプラス カラーズ

ジュニアプラス カラーズ

 

サックス: #67182 ピンク: #67181
ブラウン: #67183 レッド: #67184


3歳頃から11歳頃まで
体重15kgから36kgまで


(ハイバック)W400xD400xH690~820(mm)
(ブースター)W400xD388xH245(mm)
重量:3.6kg(座部のみ2.5kg)
ヨーロッパ基準適合(UN R44/04)


ジュニアプラスの特長は何といっても11歳ごろまで使えるってこと。
だからヘッドサポートが6段階、アームレストが2段階に調節できるんです!
さらにウォッシャブルシートだったり、収納式カップホルダーが付いていたりで便利!


グレコ関連ページ

Combi(コンビ)
コンビは日本が誇るベビーグッズメーカー。 チャイルドシートだってとっても充実しています。
TAKATA(タカタ)
TAKATA(タカタ)は安全性でまちがいないチャイルドシートを作っています。しかも快適性だってとっても充実しています。
katoji(カトージ)
katoji(カトージ)は素敵な欧州のチャイルドシートを販売しています。デザインと安全性、快適性が共存する素敵なチャイルドシートです。
ailebebe(エールべべ)
ailebebe(エールべべ)のチャイルドシートはママとパパと赤ちゃんへの使い心地に配慮したものばかり。カー用品の開発で培われたカーメイトのチェック体制を活かしたチャイルドシート作りが人気の秘密です。
aprica(アップリカ)
ベビーカーで大人気のアップリカ。 もちろん、チャイルドシートだって素晴らしいモデルを用意。
Maxi-Cosi(マキシコシ)
Maxi-Cosi(マキシコシ)はオランダ発の子供用品メーカー。 トラベルシステムを採用しているからチャイルドシート、ベビーカー、バウンサーなど全てに使えてとっても経済的。
STOKKE(ストッケ)
STOKKE(ストッケ)は、ノルウェー発の会社。 その上品であり斬新なベビー用品はみんなの憧れでもあります。
日本育児
『ベビーのために、世界から』をモットーにして、独自のものづくりをしている日本の会社。 ヒット商品を数々送り出しているすごい会社。
リーマン
リーマンは愛知県愛西市のチャイルドシートを得意とする素敵な会社です。