チャイルドシート リーマン

リーマン

リーマン

私の住む愛知県の愛西市にある純粋な日本の会社。

愛知県はカーライフのまち。


だからクルマに乗るお子様の命を守るため、

チャイルドシートに力を入れている信頼できる会社です。

 

平成13年の創業とまだまだ若い会社ですが、
自社工場で自社生産にこだわりをもっているからすばらしいですね!

リーマンの公式サイト

 

 

チャイルドシート 型番・使用対象・サイズ・重量
ソシエIII

ソシエIII

ミルトブラウン/ピュアブラック


新生児対応
・年齢のめやす 0〜4歳頃
・体重 〜18kg
・身長のめやす 〜100p


サイズ:W480×D530×H650mm
重量:6.3kg(インナーパッド含む)
ヨーロッパ基準適合(UN R44/04)


フルサポートインナーパッドを採用することで、お子さまの快適さとホールド性を以前の商品よりもアップさせました!
そして、もしものときの衝突時に加わる力を軽減してくれる軽量設計などとても安全性の高いチャイルドシートとなっていますね!


リーマン関連ページ

Combi(コンビ)
コンビは日本が誇るベビーグッズメーカー。 チャイルドシートだってとっても充実しています。
TAKATA(タカタ)
TAKATA(タカタ)は安全性でまちがいないチャイルドシートを作っています。しかも快適性だってとっても充実しています。
katoji(カトージ)
katoji(カトージ)は素敵な欧州のチャイルドシートを販売しています。デザインと安全性、快適性が共存する素敵なチャイルドシートです。
ailebebe(エールべべ)
ailebebe(エールべべ)のチャイルドシートはママとパパと赤ちゃんへの使い心地に配慮したものばかり。カー用品の開発で培われたカーメイトのチェック体制を活かしたチャイルドシート作りが人気の秘密です。
aprica(アップリカ)
ベビーカーで大人気のアップリカ。 もちろん、チャイルドシートだって素晴らしいモデルを用意。
Maxi-Cosi(マキシコシ)
Maxi-Cosi(マキシコシ)はオランダ発の子供用品メーカー。 トラベルシステムを採用しているからチャイルドシート、ベビーカー、バウンサーなど全てに使えてとっても経済的。
STOKKE(ストッケ)
STOKKE(ストッケ)は、ノルウェー発の会社。 その上品であり斬新なベビー用品はみんなの憧れでもあります。
日本育児
『ベビーのために、世界から』をモットーにして、独自のものづくりをしている日本の会社。 ヒット商品を数々送り出しているすごい会社。
グレコ
アメリカで誕生して60年以上もの歴史があるNO.1の育児ブランド。