チャイルドシート 日本育児

日本育児

日本育児

楽天市場やアマゾンのチャイルドシートランキングで

もいつも上位にある日本育児のチャイルドシート。

 

チャイルドシートならトラベルベストが売れ筋ですが、
会社自体はベビーのために、世界から。をコンセプトにしているだけあって、
さまざまな商品を開発したり、世界の輸入品を販売したりしています。

 

ベビーゲートで有名な会社といった方が知っている人は多いかも。

 

1975年に入浴補助具の商品で創業していて、
しっかりと時代のニーズに合った商品を作り続けているそんな会社です。

 

日本育児の公式サイト

 

 

チャイルドシート 型番・使用対象・サイズ・重量
バンビーノ04

バンビーノ

01 レッド
02 パープル
03 ピンク
04 グリーン
05 ブラック
06 ブラウン


適用年齢:新生児~4歳ごろ
適用体重:~18Kg


54~70cm×45cm×50.5~62cm
重量:6.2kg
ECE-R44/04適合品


ずっと人気の日本育児、バンビーノ04。
新生児から使用できるのにお値打ちなチャイルドシートだからですよね~。
カバーは取り外してお洗濯できるし、赤ちゃんのことを考えたスライド式バックルを採用していたりとなるほど売れてるわけだ!

トラベルベストEC+

ブラックボーダー
ブラウンボーダー


適用年齢:1歳~4歳
適用体重:9kg~18Kg


大きさ:W34×H54-59×D30cm
折りたたみ時:W34×H55×D19cm
重量:2.9kg


1歳から使用できるとってもお値打ちチャイルドシート。
小型軽量設計で、カバーは取り外してお洗濯できるなど、持ち運びにとっても便利。

ハイバックブースターEC

レッド・グレー・オレンジ


適用年齢:1歳~12歳
適用体重:幼児モード 9kg~18Kg 学童モード 15kg~36Kg


大きさ:W46×H71-81×D37cm
重量:3.8kg


成長に合わせて長く使えるのが特徴。
無段階リクライニングもいいですよね。
これからの季節、簡単に選択できるシートカバーなのもいい!


日本育児関連ページ

Combi(コンビ)
コンビは日本が誇るベビーグッズメーカー。 チャイルドシートだってとっても充実しています。
TAKATA(タカタ)
TAKATA(タカタ)は安全性でまちがいないチャイルドシートを作っています。しかも快適性だってとっても充実しています。
katoji(カトージ)
katoji(カトージ)は素敵な欧州のチャイルドシートを販売しています。デザインと安全性、快適性が共存する素敵なチャイルドシートです。
ailebebe(エールべべ)
ailebebe(エールべべ)のチャイルドシートはママとパパと赤ちゃんへの使い心地に配慮したものばかり。カー用品の開発で培われたカーメイトのチェック体制を活かしたチャイルドシート作りが人気の秘密です。
aprica(アップリカ)
ベビーカーで大人気のアップリカ。 もちろん、チャイルドシートだって素晴らしいモデルを用意。
Maxi-Cosi(マキシコシ)
Maxi-Cosi(マキシコシ)はオランダ発の子供用品メーカー。 トラベルシステムを採用しているからチャイルドシート、ベビーカー、バウンサーなど全てに使えてとっても経済的。
STOKKE(ストッケ)
STOKKE(ストッケ)は、ノルウェー発の会社。 その上品であり斬新なベビー用品はみんなの憧れでもあります。
リーマン
リーマンは愛知県愛西市のチャイルドシートを得意とする素敵な会社です。
グレコ
アメリカで誕生して60年以上もの歴史があるNO.1の育児ブランド。