エールベベ クルットnt プレミアム チャイルドシート

エールベベ クルットnt プレミアムの評価と口コミ

エールベベ クルット NT プレミアム

やはりその人気のわけは、360度ターン
赤ちゃんを抱っこしたままだって、片手で操作できちゃうのがいいですよね!

 

この360度ターン機能がないチャイルドシートって、本当に赤ちゃんを車に乗せるのに苦労します。

 

下手するとママ・パパの腰を傷めてしまうかも!
ほぼ毎日車を使って赤ちゃんとおでかけされる方には、この機能は絶対に必要じゃないかしら。

 

エールベベ クルット NT プレミアムの仕様

適用体重:2.5 Kg~18 Kg
適用身長:50 cm~100 cm
3点式シートベルト専用

 

エールベベ・クルットNTプレミアム

 

こんな口コミ情報いただきました♪

子供の乗せやすさを考えたチャイルドシート

子供の安全を守るチャイルドシート、
私がエールべべのクルットNTプレミアムを購入した
一番の決めては赤ちゃんの乗せやすさでした。

 

片手でシートを回転させることができるので、
ドア側にシートを向けて子供を乗せる事ができます。
ベルトを留めればまたくるっと回転させ位置に戻します。

 

この回転するシートは、コンビやアップリカの商品でもありますが、
片手で回転させられる軽さ、という点ではエールべべが一番でした。
片手で子供を抱っこし、チャイルドシートに乗せるまでがとてもスムーズです。

 

また、この商品に決めたポイントとして、
サンシェードが付属している事も挙げられます。

 

チャイルドシートを取り付ける車は、スライドドアの軽自動車を予定していました。
ドアの開閉に支障が出るから、吸盤式の日除けやカーテンがつけられないので、
元々チャイルドシートにサンシェードが付いているものを選びました。

 

畳んだ時にシェードの布が子供の頭に少しかぶってしまうのが少し残念ですが、
本人はそこまで気にしている様子はありません。

 

今、発売されているチャイルドシートはたくさんあり、
どれを選べばいいのかとても迷いましたが、
最新のものであればいざという時の安全性や
乗り心地は大差ないであろうと考え、
親の使いやすやを重視しクルットNTプレミアムに決めました。

 

エールベベ クルットnt プレミアムの口コミまとめ
やはり回転シートがこのエールベベ クルットnt プレミアムを選んだ決め手の方が多いようです。

 

また4歳まで使えるので、全ての季節に対応できるチャイルドシートってのも大事なポイントですよね!

 

特に夏場の暑い時期にどれだけ快適に過ごせるかもしっかりと考えておかなければならなくて、
このママのようにサンシェードが決め手になったってのもとっても大事な特長です。

 

エールベベ・クルットNTプレミアム

 


エールベベ クルットnt プレミアムの評価と口コミ関連ページ

Combi(コンビ)
コンビは日本が誇るベビーグッズメーカー。 チャイルドシートだってとっても充実しています。
TAKATA(タカタ)
TAKATA(タカタ)は安全性でまちがいないチャイルドシートを作っています。しかも快適性だってとっても充実しています。
katoji(カトージ)
katoji(カトージ)は素敵な欧州のチャイルドシートを販売しています。デザインと安全性、快適性が共存する素敵なチャイルドシートです。
ailebebe(エールべべ)
ailebebe(エールべべ)のチャイルドシートはママとパパと赤ちゃんへの使い心地に配慮したものばかり。カー用品の開発で培われたカーメイトのチェック体制を活かしたチャイルドシート作りが人気の秘密です。
aprica(アップリカ)
ベビーカーで大人気のアップリカ。 もちろん、チャイルドシートだって素晴らしいモデルを用意。
Maxi-Cosi(マキシコシ)
Maxi-Cosi(マキシコシ)はオランダ発の子供用品メーカー。 トラベルシステムを採用しているからチャイルドシート、ベビーカー、バウンサーなど全てに使えてとっても経済的。
STOKKE(ストッケ)
STOKKE(ストッケ)は、ノルウェー発の会社。 その上品であり斬新なベビー用品はみんなの憧れでもあります。
日本育児
『ベビーのために、世界から』をモットーにして、独自のものづくりをしている日本の会社。 ヒット商品を数々送り出しているすごい会社。
リーマン
リーマンは愛知県愛西市のチャイルドシートを得意とする素敵な会社です。
グレコ
アメリカで誕生して60年以上もの歴史があるNO.1の育児ブランド。