アップリカ フラディア チャイルドシート

アップリカ フラディアの評価と口コミ

大人気の回転式チャイルドシートです。
新生児から4歳ごろまで使えるのには、
その素晴らしい変幻自在のシートにあります。

 

ときにはベッド、ときにはイスに。
新生児のときは、安心なベッド型。
ちょっと大きくなったら簡単にイスとベッドを選べるから、
スペースがどうしてもきついときにはイスなんて使いかたもできます。

 

大きくなったら、イス型のみの前向きシートで使えるから、
ずっと使えて重宝しますね!

 

アップリカ フラディアの仕様

適用体重:2.5kgから18kgまで
3点式シートベルトのみ装着可能

アップリカ フラディアの新3ステップ

アップリカ フラディアの安い順

 

こんな口コミ情報いただきました♪

値段が高くても・・・

私が妊娠中通っていた病院は実家からちょっと離れていました。
だから出産後、退院するときに実家に帰るのにチャイルドシートが必要だし、自分の家に帰っても田舎なので出かけるのはほとんど車です。

 

なのでチャイルドシートの購入を考えました。
でも結構な値段なのでいろいろ検討しましたがほとんどのチャイルドシートが3歳までなのに対し、着用義務は6歳までです。
だからまた、買いなおさないといけません。

 

でもコンビのマルゴットというチャイルドシートは6歳までつかえると知りました。
値段もすごくお手頃価格でした。
なのでそれにしようかと悩みましたが母と近鉄百貨店に買い物に行った際、アップリカの商品が割引されていました。

 

それでも値段はマルゴットの方が安いです。
でもよく考えると6歳まで使用できるものを新生児にも使用するのは少し不安なところがありました。
それにフラディアは回転するので乗り降りするのに便利だと言われたのでフラディアを購入しました。

 

今は子供ももう生まれ使用しています。
新生児の時には頭の上にカバー?みたいなのがついているのでより安全ですし、気持ちよさそうに寝ています。
今は一人座りができるようになり、起きているときは座ってしようしていますが寝たらいつでもリクライニングを倒せますし、乗り降りの際も回転するのですごく便利で助かっています。

 

アップリカ フラディアの安い順

 


アップリカ フラディアの評価と口コミ関連ページ

Combi(コンビ)
コンビは日本が誇るベビーグッズメーカー。 チャイルドシートだってとっても充実しています。
TAKATA(タカタ)
TAKATA(タカタ)は安全性でまちがいないチャイルドシートを作っています。しかも快適性だってとっても充実しています。
katoji(カトージ)
katoji(カトージ)は素敵な欧州のチャイルドシートを販売しています。デザインと安全性、快適性が共存する素敵なチャイルドシートです。
ailebebe(エールべべ)
ailebebe(エールべべ)のチャイルドシートはママとパパと赤ちゃんへの使い心地に配慮したものばかり。カー用品の開発で培われたカーメイトのチェック体制を活かしたチャイルドシート作りが人気の秘密です。
aprica(アップリカ)
ベビーカーで大人気のアップリカ。 もちろん、チャイルドシートだって素晴らしいモデルを用意。
Maxi-Cosi(マキシコシ)
Maxi-Cosi(マキシコシ)はオランダ発の子供用品メーカー。 トラベルシステムを採用しているからチャイルドシート、ベビーカー、バウンサーなど全てに使えてとっても経済的。
STOKKE(ストッケ)
STOKKE(ストッケ)は、ノルウェー発の会社。 その上品であり斬新なベビー用品はみんなの憧れでもあります。
日本育児
『ベビーのために、世界から』をモットーにして、独自のものづくりをしている日本の会社。 ヒット商品を数々送り出しているすごい会社。
リーマン
リーマンは愛知県愛西市のチャイルドシートを得意とする素敵な会社です。
グレコ
アメリカで誕生して60年以上もの歴史があるNO.1の育児ブランド。