aprica アップリカ チャイルドシート

aprica(アップリカ)

aprica(アップリカ)

日本が誇る育児用品の会社、アップリカ。
1947年に設立、1949年にベビーカーを開発。
ベビーカーといえば「アップリカ」と言われる存在となっています。
そんなアップリカが開発するチャイルドシートは、
とくに新生児に強いという印象。

 

フラディアシリーズはアップリカの代表的なチャイルドシートです。

 

aprica(アップリカ)の公式サイト

 

チャイルドシート 型番・使用対象・サイズ・重量
ディアターンプラス

ディアターン

バウンシングブラック BK:#93089(3)
バウンシングシルバー SV:#93088(6)
UN規則(UN-R44/04)適合
3点式シートベルトのみ装着可能


体重2.5kg(新生児) から18kg(4歳頃)まで
身長の目安:50cm~100cm


横向きベッド時:W790×D593×H566(mm)
後向き時:W470×D690×H566(mm)
前向き時:W470×D593×H670(mm)


重量:13.8kg

新生児から使えるのがディアターンのいいところ!
病院から退院してすぐに使えるっていいですね!
ディアターンよりさらにクッションの柔らかさがアップしました!
ママでもらくらく、片手で加点できるのも◎。

フラディア<2014年モデル>

フラディア<2014年モデル>

ノーブルブラウン BR : #93086(2)
ノーブルブラック BK : #93085(5)
ノーブルレッド RD : #93084(8)
ECE基準(ECE-R44/04) 適合
3点式シートベルトのみ装着可能
取付説明DVD付


適用年齢:1歳~4歳ごろ
適用体重:2.5kgから18kgまで


大きさ:ベッド時:W790×D593×H566(mm)
起立時:W470×D593~690×H566~670(mm)


重量:13.8kg

車の中でも赤ちゃんをちゃんとまっすぐに寝かせることができる、「平らなベッド」になる乗せ降ろしラクラクの回転式チャイルドシート。
従来モデルから2倍大きくなった頭のプロテクター「らくすやマクラ」だから、万が一のときも安心のモデルです。

フラディア

apricaフラディア

ファディアチェリー:#93062(6)
ファディアナッツ:#93064(0)
ファディアブラウン : #93056(5)
ファディアブラック: #93055(8)
ファディアベージュ : #93060(2)


適用年齢:1歳~4歳ごろ
適用体重:体重2.5kgから18kgまで


大きさ:ベッド時:W790×D593×H566(mm)
起立時:W470×D593~690×H566~670(mm)


重量:13.8kg

成長に合わせて使えるし、赤ちゃんのご機嫌に応じてベッドやイスなど自在に選んで使えるからとっても人気。
新生児から4歳頃まで使えて、3ステップでどんどん変化するチャイルドシート。


aprica(アップリカ)関連ページ

Combi(コンビ)
コンビは日本が誇るベビーグッズメーカー。 チャイルドシートだってとっても充実しています。
TAKATA(タカタ)
TAKATA(タカタ)は安全性でまちがいないチャイルドシートを作っています。しかも快適性だってとっても充実しています。
katoji(カトージ)
katoji(カトージ)は素敵な欧州のチャイルドシートを販売しています。デザインと安全性、快適性が共存する素敵なチャイルドシートです。
ailebebe(エールべべ)
ailebebe(エールべべ)のチャイルドシートはママとパパと赤ちゃんへの使い心地に配慮したものばかり。カー用品の開発で培われたカーメイトのチェック体制を活かしたチャイルドシート作りが人気の秘密です。
Maxi-Cosi(マキシコシ)
Maxi-Cosi(マキシコシ)はオランダ発の子供用品メーカー。 トラベルシステムを採用しているからチャイルドシート、ベビーカー、バウンサーなど全てに使えてとっても経済的。
STOKKE(ストッケ)
STOKKE(ストッケ)は、ノルウェー発の会社。 その上品であり斬新なベビー用品はみんなの憧れでもあります。
日本育児
『ベビーのために、世界から』をモットーにして、独自のものづくりをしている日本の会社。 ヒット商品を数々送り出しているすごい会社。
リーマン
リーマンは愛知県愛西市のチャイルドシートを得意とする素敵な会社です。
グレコ
アメリカで誕生して60年以上もの歴史があるNO.1の育児ブランド。