口コミ コンビ ジョイトリップ EG GA ブラックメッシュ

コンビ ジョイトリップ エアスルー EG GA

コンビ ジョイトリップ EG GA ブラックメッシュ

楽天市場でもアマゾンでも大人気で、常にランキングの上位に顔を出していますね。

 

そんなまだまだ人気のコンビ ジョイトリップ EG GA。

 

発売時期は、2010年とちょっとたってしまいましたが、
人気の理由は、コンビらしくしっかりした構造で、ロングユースなのに価格がお手ごろってところ。

 

また、こどもに配慮したさまざまな装備、たとえば低反発素材を使用した安心設計、熱さに有効なメッシュシートなどなど。

 

ロングユースというのは、1歳から11歳ごろまでこれ一台で大丈夫ってことで、
成長に合わせて3段階での使用が可能です。

  • 1歳ごろ~4歳ごろはチャイルドモード。5点式シートベルトでしっかり。
  • 3歳ごろ~7歳ごろはジュニアモード。背もたれ付きで大人のシートベルトを使用でがっちり。
  • 3歳ごろ~11歳ごろはブースターモードでジュニアシートとおなじように安心。

安全基準もECEヨーロッパ統一規則に適合したチャイルドシートでパパもママも安心!

 

また、5.2kgしかないその軽量さでママだって簡単に取り外しができちゃいます!

 

急にチャイルドシートの着脱が必要になっても大丈夫ですね。

 

長時間の旅行だって退屈しないようにパノラマビューシートとなっていて、ママ・パパと同じ目線で外を眺めることができます。

 

暑い時期でも通気性の良いウレタンクッションを採用しています。

 

3段階のイメージはこんな感じです
コンビ ジョイトリップ EG GA ブラックメッシュの3通り コンビ ジョイトリップ EG GA ブラックメッシュの3通り コンビ ジョイトリップ EG GA ブラックメッシュの3通り

 

コンビ ジョイトリップ EG GA ブラックメッシュの詳細

 

コンビ ジョイトリップ EG GA ブラックメッシュの仕様

  • ブラックメッシュ
  • 幼児・学童兼用
  • 対象年齢 1歳~11歳ごろまで
  • 推奨体重 9kg~36kg
  • 開: 奥行45cm×幅44cm×67cm
  • 重量 5.2kg

 

コンビ ジョイトリップ EG GA ブラックメッシュの口コミまとめ

  • ハーネス型なのでインパクトシールド型に比べて安定していると思います。
  • ECE R44 に適合しているので先々クルマを買い換えた場合でも安心です。
  • 質量が5.2kgと軽量で取り外し/取り付けが簡単です。
  • ヘッドサポートがあるので、眠ってしまっても頭が適度にホールドされて安定しています。
  • 子供が寝てしまった時に首が前に下がってしまうので、車のリクライニングを倒してあげて、このチャイルドシートも車のシートに沿って倒れてくれるので、そこが一番いいかな。
  • ベルトを緩めたり、締めたりの調節がとても簡単にできます。
  • 夏の暑さに対しても背面がメッシュになっているおかげで、子供も汗をかく量が少なくてすんでいます。

 

気になる口コミ情報♪

我が家は、長女の為に新しいチャイルドシートを購入しました。
次女が産まれることで、今使っているチャイルドシートだけでは足りなくなるからです。
しかも、今使っているチャイルドシートも赤ちゃん用のチャイルドシートだったので、そろそろ小さくなってきたこともありました。

 

チャイルドシートは、安全性が大切だと思っているので、名前の良く知っているコンビのチャイルドシートにしました。
ベルトも足の上に枕のようなものをはめて固定するものと、肩から回してお腹のところで止めるものと迷いました。
しかし、今まで使っていたチャイルドシートが、パチッとベルトをはめるタイプだったので、同じようなベルトのタイプにしました。

 

購入する時に、実際に子どもに座ってもらってすわり後ことも確認してもらい、納得して購入しました。
色も、車の内装が黒ベースだったので、黒を購入しました。
あまり、明るい色だとお菓子をこぼしたりジュースをこぼしたりするので濃い色がいいと思っていました。

 

カバーの取り外しは面倒ですが、外せるのでいざとなったら洗えるなと思います。
もうすぐ買って一年になりますが、しっかりと固定されていて車にも合っていると思います。
サイズ感もちょうどよく、これからも使っていけそうです。

 

コンビ ジョイトリップ EG GA ブラックメッシュの詳細


コンビ ジョイトリップ EG GA ブラックメッシュの口コミ関連ページ

Combi(コンビ)
コンビは日本が誇るベビーグッズメーカー。 チャイルドシートだってとっても充実しています。
TAKATA(タカタ)
TAKATA(タカタ)は安全性でまちがいないチャイルドシートを作っています。しかも快適性だってとっても充実しています。
katoji(カトージ)
katoji(カトージ)は素敵な欧州のチャイルドシートを販売しています。デザインと安全性、快適性が共存する素敵なチャイルドシートです。
ailebebe(エールべべ)
ailebebe(エールべべ)のチャイルドシートはママとパパと赤ちゃんへの使い心地に配慮したものばかり。カー用品の開発で培われたカーメイトのチェック体制を活かしたチャイルドシート作りが人気の秘密です。
aprica(アップリカ)
ベビーカーで大人気のアップリカ。 もちろん、チャイルドシートだって素晴らしいモデルを用意。
Maxi-Cosi(マキシコシ)
Maxi-Cosi(マキシコシ)はオランダ発の子供用品メーカー。 トラベルシステムを採用しているからチャイルドシート、ベビーカー、バウンサーなど全てに使えてとっても経済的。
STOKKE(ストッケ)
STOKKE(ストッケ)は、ノルウェー発の会社。 その上品であり斬新なベビー用品はみんなの憧れでもあります。
日本育児
『ベビーのために、世界から』をモットーにして、独自のものづくりをしている日本の会社。 ヒット商品を数々送り出しているすごい会社。
リーマン
リーマンは愛知県愛西市のチャイルドシートを得意とする素敵な会社です。
グレコ
アメリカで誕生して60年以上もの歴史があるNO.1の育児ブランド。