種類 ベビーシート チャイルドシート ジュニアシート

チャイルドシートの種類

一般的に、車に取り付けて使う子供用のカーシートをチャイルドシートって呼んでいます。

 

でも実際には、いろんなタイプのチャイルドシートが販売されているので、
どの形がどんな適用範囲なのかなどを正しく知っておく必要がありますよね。

 

新生児・乳児用

ベビーシート

ベビーシートと呼ばれているカーシートです。

新生児~1歳くらいまでの適用範囲で、
適用体重は10kg未満又は13kg未満となっています。
身長は70cm以下を目安としています。
このタイプは、首が据わっていない新生児や乳児のために、
寝かせるタイプとんっていて、「後ろ向き」で使用するタイプと、
「横向き」で使用するタイプがあります。

 

幼児用

チャイルドシート

チャイルドシートと呼ばれるカーシートです。

9ヵ月~4歳くらいまでの適用範囲で、
適用体重は9~18kgとなっています。
「前向き」で使うタイプです。

 

学童用

ジュニアシート

ジュニアシートと呼ばれるカーシートです。

4歳~10歳くらいまでの適用範囲で、
適用体重は15~36kgとなっています。
身長135cm以下を目安としています。
座面を上げて背の高さを補い、
こどもの腰の高さを上げておいて、
大人のシートベルトを着用するタイプとなっています。

 

新生児・乳児・幼児兼用


新生児・乳児用と幼児用の両タイプを兼ねています。
新生児~4歳くらいまでの適用範囲で、
適用体重も~18kgとなっています。

 

幼児・学童兼用

幼児用と学童用の両タイプを兼ねています。
9ヶ月~12歳ごろまでの適用範囲で、
適用体重は9kg~36kgとなっています。
このタイプはあまり種類が多くありません。

 

新生児・乳児・幼児・学童兼用


全てのタイプを兼ね備えていますので、コストパフォーマンスはバツグンです。
新生児~12ごろまでの適用範囲のものがあります。
適用体重は、~36kgとなっています。


チャイルドシートの種類関連ページ

あなたのクルマに付くチャイルドシートは?
チャイルドシートは車によって着けれる着けれないがアリます。お気に入りのチャイルドシートが購入前にあなたの車に適合しているかを確認しましょう。
取り付け方法と使い勝手を確認しましょう
チャイルドシートを見た目で選ぶのは大事なことです。でももっと大事なのは取り外しのしやすさとか使い勝手。
カバーやクッションは取り外し可能?
チャイルドシートは車の中では子どもの食卓です。 どうしても汚れてしまったり、何かをこぼしてしまったり。カバーやクッションが取り外しできるかどうかは大事なことです。
家族の予定は?
家族の予定で、購入するチャイルドシートは変わってきます。さらに車種によっても…。 家族が多いと楽しいのは間違いないのですが悩むところですね。
ISOFIXってなんでしょう?
チャイルドシートの固定方法は、シートベルト固定とISOFIX固定の2種類あります。それぞれのタイプを紹介します。
レンタルか購入か迷う方へ
チャイルドシートが欲しいのだけれど、購入するのかレンタルしたらいいのか迷っていませんか?どんな場合にレンタルしたらいいかなどあなたへのヒントになればと書いてます。
購入補助費って知ってる?
チャイルドシートを購入する場合、あなたのまちは補助費が出るかもしれません。意外に知らない人多いんじゃないかな?